FC2ブログ

感恩講の二階天井

昭和初期の建物ですが、大正モダニズム盛んな頃の洋式天井です。下手に手をかけると壊してしまいそうなので、多少汚れていてもそのままです。

感恩講2f

町営駐車場傍の「感恩講」

元社会福祉法人感恩講の事務所です。洋館の木造建築は増田では珍しく、現存するのはこの建物だけです。文政10年(1827)大晦日、当時の秋田藩町奉行橋本五郎左衛門は年末の挨拶に訪れた藩御用商人、那波祐生(第8代那波三郎右衛門)藩主佐竹義厚侯の意向として困窮者救済の資金調達方法について検討を求めました。文政12年(1829)、藩よりこの団体に「感恩講」という名称が与えられました。創始者とその子孫は各地に感恩講の必要性を説いてまわり、設立が進みました。増田でも1882年(明治15年)に設立、事業を開始したとされています。那波家と古くから繋がりある長江家や東海林家、本町の千田家が在町する主な関係者となってしまいました。設立当時の建物はありませんが昭和2年頃建てられたここだけが残っています。
感恩講は、凶作に備えてお米や種モミを備蓄していたほか、生活に困窮している人について調査し、必要と認められた人には、お米を分け与えたり、病気であれば薬を買うお金を与えて、生活を助けたそうです。当時は飢えて亡くなる人も多かったそうですから、まさに命をつなぐ事業だったのですね。


感恩講正面イラストのコピー

増田町案内所「ほたる」

十文字方面から国道342号を東成瀬村方面に向かい、増田地域局のもう一つ先の信号北側に位置するのが「ほたる」です。増田町並み案内所ですが、休憩所・売店もあり大型バスOKの駐車場、公共トイレなど完備しております。ぜひお立ち寄りください。「あっ!急いでトイレに行かなければ!」

増田の花火ポスター

増田の花火ポスター(A1版)できました。ご入り用な方は一般社団法人増田町観光協会(0182-45-5541)までご連絡ください。なお、このデータをプリントしていただいても結構です。

増田の花火ポスター

増田の花火地図2016

第93回増田の花火2016年9月14日19時から始まります。主な駐車場をお知らせします。詳しくは0182-45-5541の増田町観光協会にお尋ねください。

スターマイン01白s 花火白001s CU5R3062wws_20160726231101bc7.jpg スターマイン02白s


昭和の増田小学校

昭和60年の増田小学校写真です。今の増田小学校のグランドのところにあったのが、当時の木造校舎です。となりに中学校があり、現在は市役所増田地域局(増田町役場)のあるところです。二本杉がグランドの隅にありました。

増田小学校昭和60年

増田小学校(明治20年)

増田小学校明治20年(1887年)貞烈女学院廃止合併後、上町に新築した校舎の写真です。現在の国道と県道交差する「案内所ほたる」の信号付近の東側道路上のあたり、と思っていただいていいと思います。ちなみに秋田県内では秋田市明徳小学校につづき2番目にできたのが増田小学校と聞いています。増田町は文教の町といわれてきた原点ともいえます。

増田小学校明治20年(1887年)貞烈女学院廃止合併上町に新築

今年も増田の花火

増田花火9月14日の夜7時スタート
打上場所:秋田県増田町八木川原
打上本部:増田町増田字土肥館173
問い合せ:0182-45-5541 「ほたる」

スターマイン01白s
CU5R3062wws_20160724044114bff.jpg 花火白001s 花火白地002s


大正時代から始まり回を重ねること今年で93回という、秋田県内で最も歴史の長い花火大会です。正尺の早打ちや豪華なスターマインなど、大物の花火が仲秋の夜空に美しく花開きます。注目は最後に打上げる二尺玉。澄み切った空気をビリビリ震わせて響き渡る轟音と夜空一面に広がる花火の迫力と美しさにはしばし言葉を失ってしまいます。有料の桟敷席もあります。

公開マップ

増田町伝統的建造物の公開マップです。無料公開施設と有料公開施設が表示されています。この他にもマップに載っていない施設がいろいろありますので、「蔵の駅」や「ほたる」でお尋ねください。

マップのコピー0333s

「あなたさま」の漢字変換

先日、協会からのお届けした文書の中に「貴様」と記載されているところがあり、ある会員の方からお然りを受けました。協会から発送する文書はワープロ作成し何人かの目で確認をし、文体全体のチェックをしながら文書作りをしております。ご指摘を受けましてから改めて確認しましたところ、「あなたさま」を漢字変換しますと「貴様」「貴方様」「あなた様」「貴女様」等と出てまいります。どちらも相手を敬う言葉として表現されているのですが、不快な思いをされた会員様がおられたことにつきましては、お詫び申し上げます。
会長 千田孝八
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ