FC2ブログ

造り酒屋「日の丸」

日本で唯一の「日の丸」という名称の造り酒屋です。元々は沓澤家が創業した酒蔵ですが、先々代のころ経営譲渡され現在佐藤家の経営となっています。佐藤家先代社長はアイデア豊かな方で、NHK朝ドラ「まんさくの・・・」にちなんで「まんさくの花」をブランド化しています。現社長も人脈を生かした全国ネット展開をしている上昇酒蔵です。公開家屋ですのでお酒でもお土産に買いながら、素晴らしい文庫蔵をご覧下さい。


しょく でんぷの里

カフェ「しょく でんぷの里」は有機栽培のものを原料とする品物だけの取扱とのことです。この付近のみならず遠方からも来訪されるお客様の多いお店です。この建物は(旧)千田彦右ェ門邸です。現在の当主は秋田在住のため、店舗部分だけカフェに貸しているとのことです。増田町にもこのようなお店がもっとできて欲しいところです。


佐々寅は元呉服店

現在お店はやられていないのですが、元々は「佐々寅呉服屋」さんでした。改築を繰り返し現在の形になっているようです。道路脇にある蔵には「蔀戸」があり、今回の改修工事の時にそれを再現しているとのことです。「増田押し絵保存会」も主宰されるご主人は古い増田を知る最長老です。残念ながらここは公開家屋ではありませんが、ご当主は蔵の駅で時間の許す限りボランティア説明されています。


山吉商店(履物屋さん)

元々履物や雑貨を扱われていた山吉商店さんの現在の建物は、昔の茅葺き屋根の形を再現したとのことです。町の中心部にあり、蔵の駅や山吉商店(肥料)と並び絶好のカメラスポットとなっています。


増田町の真ん中に「佐藤又六家」

中町七日町の境目にある佐藤又六家は全体が土蔵作りのような建造物です。つい数年前までカメラ屋さんを営んでおられましたので、ショーウインドウには昔懐かしいカメラのコレクションが陳列されています。公開家屋であり、増田町街並みの中心として写真やポスターなどに何度も紹介されていますので、みなさんの方が充分ご存知かと思います。


村田薬局は古物の宝庫

土蔵作りの建物が道路に面しているお宅は増田にあまり多くないのですが、その一つがこの村田薬局です。改修工事が2度ほど行われ今の姿となっています。公開家屋ですので、ほぼ毎日誰かが見に来ておられるようです。屋内には古いもので珍しいものが沢山ありますので、行ってみる価値はあるかもしれません。


昔からの薬屋さん

本町の漆蔵資料館西隣にある「丸星さん」は古くから薬屋さんを営まれています。普段は公開家屋とはなっておりませんが、「蔵の日」などのイベント時にはご協力いただき一部公開となっております。昭和50年代に改装された店舗を、昨年昔の形に改修され現在の姿となっています。かなり古い時代は(旧)広嶋甚左ェ門邸として建造された建物です。


知る人ぞ知る宝蔵庵

増田の街並み案内所「ほたる」から信号を南に渡り、そのまま歩き続けると3分ほどで到着する上町にある宝蔵庵です。レストランカフェと農家民宿として登録されています。増田町では唯一『蔵の中に宿泊』できるところです。この蔵も増田では変わった屋根の形で、行ってみる価値のあるところです。優しい笑顔のママ父さんと可愛いパパ母さんが気さくに迎えてくれます。


発酵文化中心の「くらを」

元造り酒屋の「勇駒」でしたが、10年以上前に羽場の麹屋さんが取得改築改造され、現在は市内でも本格的な「発酵食品の聖地」としてお店を営業されています。お食事だけでなく、奥の大きな酒蔵を活用したコンサートやその他色々な集会でも企画活用されています。Uターンされた娘さんが中心となり、活発にお店を切り盛りされているようです。


東海林家は元ご家老

増田町のほぼ真ん中付近に位置する東海林書店は、増田の殿様のご家老の由緒あるお宅です。代々、写真やジャズ音楽に精通されたご当主でしたので、ハイカラでモダンな雰囲気のあるお宅です。増田の中七日町の建物では他に見られないかたちで、妻壁が道路側に面していません。


検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ